おまとめローンの審査に落ちても任意整理できる?

「色々なカード会社からお金を借りすぎて返済が大変」
「借金をひとつにまとめる方法はないの?」

このホームページを見てくださっている方の中にも、複数のカード会社カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)からお金を借りているという方も多いのではないでしょうか。さまざまなところからお金を借りている人の中には、お金を返すために借金がどんどんかさんでしまっている人や、ついつい「また別のカード会社から借りればいいか」などと安易に考えてしまいいつの間にかとんでもない金額の借金を背負ってしまっていた…という人もいらっしゃると思います。

最近、借金を一本化して毎月の返済額をへらす「おまとめローン」というものが注目を集めていますが、審査が厳しいためなかなかおまとめローンを利用できないという人も多いです。「おまとめローンの審査に落ちてしまったからもう借金は減らせないの?」と不安に思っていませんか?そんな方のために、今回はおまとめローンの審査に落ちてしまっても任意整理ができるかどうかについて解説していきます。

★おまとめローンとは?

おまとめローンとは、複数のカード会社から借りていた借金をひとつにまとめて毎月の返済額をへらすものです。複数のカード会社から借りている借金を、いま借りている金利よりもさらに低い金利で別のところ(主に銀行)から新しく借りて、複数のカード会社からの借金を1社からの借金に変更することで借金をまとめることができます。

複数のカード会社からお金を借りている場合、それぞれのカード会社によって支払日が違うため「今日がA社の返済日だった!」などと慌てた経験や返済日を勘違いして支払が遅れてしまった経験はありませんか?おまとめローンを利用すれば、借金をひとつにまとめることができるため、支払日も1つだけとなり、返済日の管理がとても楽になります。
おまとめローンを利用すると、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

・おまとめローンを利用すれば、返済日の管理が楽になる

「○○日が返済日!」といった感じで返済日が明確になるため、返済計画も立てやすくなります。もちろん、おまとめローンを利用する前に借りていた借金の金利よりも低い金利でおまとめローンを利用しているため、毎月の返済額も減ります。その結果、生活にゆとりをもてるようになります。

・おまとめローンを利用すると毎月の返済額がどれくらい減るの?

おまとめローンを利用すると、金額にもよりますが毎月の返済額を今までの半分程度にまで減額することができます。

例えば、

A社30万円(金利18%)
B社40万円(金利18%)
C社50万円(金利18%)
(それぞれ24回払いで借り入れ)

の3社から合計120万円借りているとします。その場合、毎月の返済額は

A社 約15000円
B社 約19000円
C社 約25000円

となるため、毎月約6万円借金返済に当てなければならず、生活がかなり苦しくなってしまいますよね。

一方、おまとめローンを利用した場合

借り入れ金額120万円
金利12.5%
(36回払いで借り入れ)
毎月の返済額 約4万円

となります。おまとめローンを利用した場合には今までよりも約2万円も返済額が減るため生活にゆとりをもてるようになります。

★任意整理とは?

任意整理とは、借金の利息をカットして月々の返済額を減らす手続きのことをいいます。主に弁護士や司法書士に依頼して、カード会社に毎月の返済額の減額や利息のカットなどを交渉してもらうかたちとなります。特に、クレジットカードやキャッシング、カードローンなど金利の高い借金を抱えている方に有効な手続きです。
もしもあなたが任意整理をすると、どれくらい借金を減らすことができるのでしょうか。

・任意整理をするとどれくらい借金が減るの?

例えば、120万円の借金を金利15%、36回払いで借りている場合には54万円分の利息が発生するため、合わせて174万円の返済をする必要があります。毎月約4万円ほど返済する必要があるため、生活はかなり苦しくなってしまいますよね。

そこで、任意整理をすると54万円分の利息の支払いが免除され、元金の120万円のみの返済となります。また、3~5年での返済返済が認められるため、毎月の支払い額も2万円~3万円程度におさえることができます。

また、任意整理は裁判所を通さずに借金を整理することができるため家族に内緒で借金を整理することもできます。もちろん、カード会社との交渉はすべて弁護士か司法書士が行うため、あなたが直接カード会社の人と会ったり電話をしたりすることはありません。

★おまとめローンと任意整理の違いは?

おまとめローンと任意整理の大きな違いは

○ブラックリストへの登録の有無
○審査の有無
○利息のカットができるかできないか
○過払い金の精算ができるかできないか
○返済先をまとめることができるかできないか

です。ここから先は、おまとめローンと任意整理の違いを細かく説明していきます。

・ブラックリストへの登録の有無

任意整理をした場合、信用情報機関と呼ばれる「この人は借りたお金を支払い続ける能力があるのかどうか」などお金に関する信頼度をチェックする機関に「この人は借りたお金を支払い続けることができなくなってしまった」という情報がいき「ブラックリスト」に登録されてしまいます。任意整理をしてブラックリストに登録されると約3年~5年は新たな借り入れやクレジットカードの作成や分割払いができなくなってしまいます。
そのため、スマホの機種代やパソコンなどの比較的高額な買い物をする際には毎回一括払いをする必要があります。

ただし、おまとめローンを利用してもブラックリストに登録されることはないため、今まで通りクレジットカードを利用したり、分割払いを利用することができます。

・審査の有無

おまとめローンを利用するには、審査に通る必要があります。クレジットカードの場合、10万円や30万円といった比較的低い金額からローンを組むことができますが、おまとめローンを利用する方のほとんどは100万円や200万円といった高い金額のお金を借りることになります。そのため、銀行も「この人にこれだけの大金を貸しても、しっかりと返済してもらえるのか?」と念入りに審査をします。

一方、任意整理の場合は「この人は毎月しっかり返済をすることができるのか?」ということを厳密に審査し、審査に通らなかったら利用できないというものではありません。弁護士か司法書士に債務整理を依頼し、弁護士(司法書士)とカード会社との間で「任意整理をしてもいいですよ」という結論に至れば、誰でも任意整理を行うことができます。

・任意整理では利息をカットできるが、おまとめローンでは利息がカットできない

任意整理を行えば、将来発生する予定だった利息をカットすることができます。そのため、利息分の支払いはせず、もともと借りた金額のみの返済で済みます。

一方、おまとめローンの場合は元金と利息も含めた金額の返済をする必要があります。そのため、借金をひとつにまとめることはできても、その後も返済し終わるまではずっと利息を支払いつづけなければなりません。

・任意整理では過払い金の請求ができるが、おまとめローンではできない

おまとめローンは銀行からお金を借りて毎月返済していくかたちになります。過払い金の精算は、カード会社などのあくまでも「高すぎる金利で貸している機関」にのみ返還請求をすることができます。しかし銀行は、カード会社とは違い法外な金利でお金を貸していないため、過払い金の返還請求は原則としてできません。

一方、任意整理の場合には過払い金が発生した際は精算することができます。また、過払い金が発生した場合にはブラックリストへの登録はされません。

・おまとめローンは1社のみへ返済。任意整理ではそれぞれのカード会社に返済する

おまとめローンの場合、返済先は1社のみであるため返済日の管理や返済計画が立てやすいです。一方任意整理の場合、借りていたカード会社にそれぞれ毎月決まった日に銀行振込で返済していく必要があるため、少々手間がかかります。

★おまとめローンの審査に落ちても、任意整理はできる

先程解説しましたが、審査に落ちたら任意整理をすることができないといったことはありません。弁護士(司法書士)に依頼をして引き受けてもらい、専門家とカード会社との間で任意整理をしても良いということになれば誰でも任意整理をすることができます。

そのため「借金を減らしたくておまとめローンを申し込んだけど審査に落ちてしまった!」という人でも、弁護士(司法書士)に任意整理の依頼をし、引き受けてもらうことができ、カード会社に任意整理をすることを認めてもらえれば、借金を減らすことができます。

★まとめ

・おまとめローンとは、複数のカード会社から借りている借金をひとまとめにして、金利や返済額を減らすことができるもの

・任意整理は、弁護士などの専門家に依頼し、借金の利息をカットや借金の減額をしてもらう手続きである。そのため、元金のみを3年~5年以内に返済していくことになる

・おまとめローンと任意整理の違いは「ブラックリストへ登録されるか否か」「利息のカットができるか否か」「審査があるか否か」「過払い金の返還請求ができるか否か」「返済先をまとめることができるか否か」である

・おまとめローンの審査に落ちても、任意整理をすることはできる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です