自己破産後に携帯やスマホが使えない場合と使える場合

大きな借金を抱えて自己破産を検討している人の中には、「自己破産すると携帯やスマホが使えなくなる」という情報を目にして、自己破産をためらっている人もいるかもしれません。

確かに、自己破産をすると携帯やスマホが使えなくなる場合はあります。しかし、自己破産後も携帯やスマホを使い続けられる場合もあるのです。

ここでは、自己破産で携帯やスマホが使えなくなる場合というのはどのような状況のときかを説明したうえで、自己破産後でも携帯やスマホを使える場合についてまとめていきます。

自己破産後に携帯やスマホが使えなくなる場合

自己破産とは、裁判所に申し立てて財産を処分する代わりに、借金や支払義務をすべて0円にしてもらう手続きです。

そのため、自己破産をした時点で携帯やスマホが分割中になっている場合、分割中の本体代が整理されることで、携帯やスマホが強制解約となって使えなくなります。

また、本体代の分割払いが終わっていても、携帯代・スマホ代の滞納がある場合は、滞納している利用料が整理されることになるので、携帯やスマホが強制解約になります。

自己破産後に携帯やスマホが使える場合

自己破産後に携帯やスマホを使い続けられるのは、本体代が分割中でなく、利用料の滞納がない場合です。

また、自己破産で携帯やスマホが強制解約となった場合でも、携帯やスマホの新規契約をすることは可能です。

ただし、自己破産後はブラックリストに載って分割払いができないという制限を約510年間受けることになるため、携帯やスマホの本体代は一括払いで支払う必要があります

まとめ

自己破産では借金や支払義務をすべて整理して0円にしてもらうため、分割中の携帯やスマホも整理の対象に含まれるので、強制解約となります。

また、自己破産した時点で携帯代やスマホ代の滞納があった場合も、滞納している携帯代やスマホ代が整理の対象となるため、強制解約となって携帯やスマホが使えなくなります。

自己破産後でも携帯やスマホが使えるのは、本体代の分割払いが終わっていて、携帯代・スマホ代の滞納がない場合に限られます。

なお、自己破産後は本体代を一括払いにすれば、携帯・スマホの新規契約をすることは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です