自己破産すると結婚できない?影響やリスクを詳しく解説

自己破産は借金を0円にしてもらうことができる強力な手続きですが、いくつかデメリットもあるため、「自己破産すると結婚できないのではないか」と不安に思う人も少なからずいます。

ここでは、自己破産しても結婚できないわけではないということを説明し、自己破産すると結婚相手にどんなリスクがあるのかをまとめていきます。

自己破産した人は結婚できないというルールはない

自己破産は返しきれない借金を抱えてしまった人が経済的に再スタートを切るための正式な手続きであり、法律上結婚に影響が出るということはありません。

ただし、「自己破産した人とは結婚したくない」という人はいます。そのため、「自己破産したことは結婚相手に隠しておきたい」と考える人も少なくありません。

そこで気を付けなければならないのは、興信所などの調査機関を利用すれば自己破産したことがあるかどうかは簡単に調べられるということです。

結果的にバレる可能性はまったくないとは言えないので、自己破産するなら結婚相手にきちんと話をして理解を求めたほうがむしろ安全だと考えられます。

自己破産で結婚相手に影響は出る?

自己破産のデメリットとしては、家や車などの財産が処分されること、手続中は一部の職業に就けないこと、ブラックリストに載ることなどがあります。

結婚生活に最も影響が出やすいのは財産の処分で、家や車を失うことになるので結婚相手の生活にも影響が出る可能性があります。

しかし、自己破産をしたからといって結婚相手の財産まで処分されることはないので、その点は安心してください。

就業制限やブラックリストについても、結婚相手には何の影響もありません。制限を受けたり信用情報に傷が付いたりするのはあくまでも本人だけです。

ただし、結婚相手が借金の保証人になっている場合は、自己破産することで借金の残高が一括払いで結婚相手に請求されることになるため、注意が必要です。

まとめ

自己破産をしたからといって、結婚してはいけないというルールはありません。

ただし、自己破産の経験がある人とは結婚したくないという人がいるのは事実であり、自己破産については興信所で調べればわかるため、隠すよりもあらかじめ説明して理解を求めたほうがリスクは低いといえます。

なお、自己破産をしても結婚相手の財産が処分されたり、結婚相手の信用情報に傷が付いたりするといった影響はありません。

ただし、結婚相手が借金の保証人になっている場合は、自己破産すると残高の請求が結婚相手に行ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です