任意整理後のクレジットカードが再び使えるまでの期間

「任意整理した後、どれ位の期間でクレジットカードが使えるの?」
「クレジットカードが使えないと、ネットショッピングができなくて困る」

任意整理をすると、その後クレジットカードは5年間使えなくなります。
その理由はブラックリストにあります。任意整理すると、あなたの借り入れ状況などが記録されている個人信用情報に、あなたが任意整理した事実が5年間記録され、その間はクレジットカードの発行においたカード会社の審査に通らなくなるほか、使用もできなくなります。これが、いわゆるブラックリスト入りしている状態です。
カード会社は、あなたの信用情報を基にカード発行の審査をしているので、任意整理後5年間はクレジットカードを発行、使用することはできません。しかし、5年が経てば、ブラックリストからは外されますので、再度クレジットカードを発行、使用することができます。
このページでは、任意整理後に再びクレジットカードが使用できるまでの期間、また、新たにカードを発行するときの注意点などについて、ご説明いたします。

☆任意整理後、再びクレジットカードが使えるまでの期間
任意整理すると、ブラックリスト入りしてしまい、クレジットカードの使用ができなくなりますが、その期間は5年ほどです。5年が過ぎれば、あなたが任意整理をしたという事実が信用情報から抹消され、ブラックリストから外されます。従って、あなたが任意整理後、再びクレジットカードが使えるのは、「任意整理してから5年後」ということになります。

☆「ブラックリスト入りする」とは?
任意整理後、再びクレジットカードを作るには、5年かかるとお話ししましたが、その原因はブラックリストにあります。ここでは、「ブラックリスト入りする」とはどういうことなのか詳しくご説明します。
あなたがクレジットカードを作る時、カード会社はあなたの信用情報を確かめた上で、発行手続きをします。信用情報とは、あなたの収入や過去の借り入れの履歴、現在の借り入れの返済状況などが記録されているもので、下記の機関によって管理されています。
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
・株式会社シー・アイ・シー(CIC)
・株式会社日本信用情報機構(JICC)
そして、各クレジットカード会社は、上記のいずれかの信用情報機関に加盟しており、新たなカード発行の際、信用情報機関に信用情報を照会して、あなたを信用しても良いか、つまり、あなたに返済能力があるかどうかを確認しているのです。
しかし、任意整理を行うと、信用情報にはあなたが任意整理を行ったことも記載されますので、カード会社は、「あなたの返済能力に問題がありそうなので、しばらくお金を貸すことはできません」と、カードの発行を許可しないわけです。この状態を「ブラックリスト入りする」と表現します。

それでは、任意整理をするといつからブラックリスト入りし、クレジットカードが使えなくなるのでしょうか?
あなたが任意整理を行う事を記載した受任通知をカード会社が受け取り、ブラックリスト入りはスタートします。そして、上述しましたが、5年間はその状態が続きます。5年が経つと、記録は抹消されるわけですが、例外もあります。例えば、CICですと、任意整理する以前に、借金の返済を3ヵ月以上滞納していた場合は、任意整理で借金を完済してから更に5年間はブラックリスト入りしてしまいます。ですので、任意整理以前に3ヵ月以上の借金滞納の履歴がある場合は、ブラックリスト入りが長期化している恐れがありますので、再びクレジットカードを作る際には注意が必要です。

☆任意整理後、新たにクレジットカードを作る際にすべきこととは?
任意整理後5年が過ぎ、新しいクレジットカードを作りたいと思ったならば、カードの申し込みの前に、あなたが本当にブラックリストから外されているかどうかを確かめてみましょう。前項目でも触れましたが、任意整理以前に借金返済において滞納がある場合は、ブラックリスト入りが長期化しているかもしれませんので、自身の信用情報がクリアな状態になっているかどうかを確認しておくと安心でしょう。
実は、信用情報機関で管理されている信用情報は、自分自身でチェックすることができます。このことを「信用情報の開示」といいます。そして、信用情報機関に信用情報の開示請求をすることによって、現在の自分の信用情報がどういう状態なのかを確認することができるのです。
信用情報の開示は、すべての信用情報機関で受け付けています。受付の仕方はそれぞれの信用情報機関によって異なりますが、すべて開示手数料がかかりますのでご注意ください。CIC,JICCでは、ホームページか郵送での申し込みの場合は開示手数料1000円、窓口での申し込みの場合に500円かかります。また、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の場合は、郵送のみの受付となっており、手数料に1000円かかります。ホームページや窓口での申し込みですと、即日情報が分かりますが、郵送で申し込んだ場合は、10日前後で情報が返送されてきます。
このようにご自身の信用情報の状態が確認できれば、より安心してクレジットカードの新規申し込みができるでしょう。

☆任意整理で対象にしたクレジットカードは使えないので注意!
任意整理で対象にしたクレジットカードも、ブラックリストから外れた後は再び使うことができるのでしょうか?答えは、ノーです。確かに、ブラックリストから外れると、新しくクレジットカードを作ったり、使ったりすることは可能になります。しかし、任意整理をしたクレジットカードに関しては、「自社ブラック」といって、あなたがそのカード会社独自のデータベースにブラックリスト入りしている可能性が高いので、同じカードを使うことも、また新たに作ることも難しいと言えるでしょう。
例えば、ジャックスのカードを任意整理した場合、任意整理後は他のタイプのカードであってもジャックスで新たにカードの申し込みをすることは難しくなるのです。もし、新たにクレジットカードを作りたい場合は、任意整理していない違うクレジットカード会社のカードを利用しましょう。

☆任意整理後、家族カードは使える?
家族カードとは、本契約者の配偶者や18歳以上の子供が持つことのできるクレジットカードのことを言います。支払いは、本契約者の口座から引き落としされますので、本契約者の信用のみが審査の対象となり、本契約者のカードに付帯した家族カードの使用者に対する審査はありません。もし、あなたが契約したカードで、配偶者や子供に家族カードを発行した場合、本契約者であるあなたが任意整理をすると、当然ながら付帯している家族カードは使えなくなります。しかし、任意整理後、配偶者に本契約者になってもらい、あなたが家族カードを使用することは可能です。任意整理後、クレジットカードを利用して、ポイントサービスやマイルのサービスなどを受けたい場合は、家族カードの利用も考えておくといいかもしれません。

☆まとめ
●任意整理後にクレジットカードが再び使えるまでの期間は5年間
●自分の信用情報の状態は、信用情報機関に開示請求を出し、自分で確認することができる
●任意整理の対象にしたクレジットカードは二度と使えない
●任意整理後、配偶者に本契約者になってもらい、家族カードを使用することもできる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です