債務整理するとクレジットカードは使えない?作れるのは何年後?

債務整理をするとクレジットカードが使えなくなるという情報は広く知られているので、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか。

債務整理後にクレジットカードが使えなくなるのは事実ですが、永久にクレジットカードが使えないわけではありません。

ここでは、債務整理によるクレジットカードへの影響を説明し、債務整理後にクレジットカードを作る方法や、クレジットカードが使えない間の対策をまとめていきます。

債務整理するとクレジットカードにどんな影響がある?

債務整理をすると、クレジットカード会社などが加盟している「信用情報機関」に情報が登録されて「ブラックリスト」と呼ばれる状態になり、信用が必要な一部の取引ができなくなります。

信用が必要な取引にはクレジットカードの利用や作成も含まれるため、ブラックリスト中はそれまで持っていたクレジットカードが利用停止になり、新しくクレジットカードを作ることもできません

ただし、ブラックリストによる制限は永久に続くものではなく、任意整理の場合は約5個人再生や自己破産の場合は約510で解除されます。

債務整理後にクレジットカードを作る方法

信用情報機関の情報が削除されてブラックリストが解除されることになっても通知などは特に来ないため、ブラックリスト期間が本当に終わっているかどうかは自分で信用情報機関に問い合わせをして確認する必要があります。

信用情報機関にはJICCCICJBA/KSC3種類があり、JICCCICはインターネット・郵送・窓口で、JBA/KSCは郵送のみで信用情報の開示を受け付けているので、それぞれに開示請求をすればブラックリストが解除されているか確かめられます。

確実にクレジットカードを作りたければ、審査を受ける前に信用情報を確認しましょう。

クレジットカードが使えない間の対策

ブラックリスト期間中でも、クレジットカードの代わりとして、支払いをするとすぐに代金が口座から引き落とされる「デビットカード」や、あらかじめチャージした金額の範囲内で支払いができる「プリペイドカード」が使えます。

どちらもVISAJCBなどのブランドのものがあるので、作っておけばクレジットカードが使えない不便さを軽減することができるでしょう。

まとめ

債務整理をすると、任意整理の場合は約5年、個人再生・自己破産の場合は約510年、クレジットカードの利用・作成ができなくなります。

債務整理後、確実にクレジットカードを作りたい場合は、信用情報機関へ信用情報の開示を請求しましょう。

クレジットカードが使えない間は、デビットカードやプリペイドカードを作っておくと便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です