債務整理すると自動車ローンはどうなる?審査に通る方法は?

返済中の自動車ローンがある人にとって、債務整理すると車やローンがどうなるのかは気になるところでしょう。

それに加えて、債務整理の後で新しくローンを組んで車を買えるのかという疑問もあるでしょう。

この記事ではそうした疑問に答えていきます。

債務整理すると自動車ローンや車はどうなる?

自動車ローンが返済中の場合、ローンや車がどうなるかは債務整理の種類によって異なります。

任意整理の場合は整理の対象に含める借金を自由に選べるので、返済中の自動車ローンを対象から外せば、車を残したまま借金を整理できます。

一方、個人再生や自己破産の場合は、裁判所を通す手続きなのですべての借金を整理しなければなりません。

そのため、返済中の自動車ローンも整理されて、車がローン会社に引きあげられることになります。

債務整理後に自動車ローンの審査に通る方法

債務整理をすると、ローン会社などが加盟している「信用情報機関」に情報が登録され、ブラックリストといわれる状態になります。

ブラックリスト中は経済的な信用に傷が付いているので、新たに自動車ローンを組むなど、信用が必要な一部の取引ができなくなってしまいます。

ブラックリストは任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約510年が経てば解除され、元のように自動車ローンを組んだりできるようになります。

ただし、その際特に通知などは来ませんので、本当にブラックリストが解除されたか知るためには信用情報機関に自分で問い合わせをする必要があります。

信用情報機関にはJICCCICJBA/KSC3種類があり、JICCCICはインターネット・郵送・窓口、JBA/KSCは郵送のみで信用情報の開示請求を受け付けています。

債務整理をした後で確実に自動車ローンの審査に通りたい場合は、信用情報の開示請求をしてから自動車ローンの申し込みをしましょう。

なお、自動車ローンを組まずに車を買う分には、ブラックリスト期間中であっても何の問題もありません。

まとめ

自動車ローンを返済中の人が債務整理をする場合、任意整理なら自動車ローンを対象から外すことで車を残して借金を整理できますが、個人再生や自己破産だと車がローン会社に引きあげられることになります。

債務整理後は任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約510年、ブラックリストに載って自動車ローンが組めなくなります。

債務整理後、確実に自動車ローンの審査に通りたい場合は、信用情報機関であるJICCCICJBA/KSCへ信用情報の開示請求を行ってから自動車ローンの申し込みをするとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です